hinokuni.gif

omnilogo.jpg
火の国は熊本県出身の熱い取締役ブログです! 

2014年2月10日

springroll

私の大好物、つくね屋Somaの広東風春巻きです。

先日は届いた日に早速頂きました。

揚げ物にしてはちょっと低めの150~180℃でじっくり揚げると

そとはぱりぱり、中はとろ~っとなるんです。

また餡の具材の食感がよくて…

中国料理に行くとほとんど毎回春巻きを頼みますが、これを上回る春巻きはこれまでにないです。

家のIHで、料理下手な私が揚げてこの味!

毎回感嘆の声をあげています。

食べた時の幸せ度はお値段以上、実証済みです。

事務所に来てくれた人に食べさせたいと思うけど、設計事務所ですからやめておきますが

たくさんの人に食べてもらいたいと思う逸品です。

2014年1月26日

うだつがあがらない

人生ぱっとしない、みたいな意味だとぼんやり知っていたつもりでした。

でも、うだつって何?なんて疑問にも思わず生きてきました。

仕事で四国に行くようになって、「ここにはうだつがあるんだよなぁ」なんて聞いてしまったから

何!?なになに!?うだつがあるってどういうこと?うだつって何!?

って、なりますよね。

なんどもそのうだつのある街並み付近を車で通り過ぎながらも見ずに終わっていたから

どうしても見たくて近くで車が止まった時に「どれですか?」って聞いてみたら

あれ、と指差された先に郵便局。

どうやらうだつの街並みは市の観光名所のようで、うだつの上がった郵便局がそこにありました。

うだつは屋根の両端についた防火壁のこと。

江戸時代に火事の延焼を防ぐため(家財を守るため)うだつを上げたそうです。

財を成した人が作るわけだ。。。納得ですね。

2014年1月20日

年末、仕事で徳島に行きました。

四国の風景は私が生まれ育ったとこ、今住んでるとこ、これから住むであろうとこ、今まで訪れたとこ

の、どことも違って面白いなぁと行く度思います。

徳島だとやっぱり吉野川。

川越えるところ(つまり橋)が好きなんですが、地元の方に川越えて、という言い方をすると、は?という感じの反応が返ってきました。

なんで川越えるって通じないのかと思いながら、地元の人にとっての川がどういう存在なのか考えると面白いです。

tearoom_1

四国入りした翌朝、今日はこれから仕事の打合せという日でしたが、お世話になっている地元の会社の社長さんのご招待を受けて

珈琲をよばれにいきました。

素晴らしい離れで、ここ最近で手入れをされたという茶室にお邪魔しました。

日本人で建築を勉強したといってもこんな茶室を設計する機会に恵まれることはあるのかなと思いつつ、珈琲や抹茶を頂きました。

毎朝こんな風だったら交感神経がうまく働きだしそうです。

tearoom_2

外部と内部を隔てるのは障子1枚。

障子に映る木の葉の影がとてもきれいでした。